PC 電源カバー

材料:ポリカ 1t 白

サイズ:30×50

照明部品でカバーに使います。ポリカは燃えにくいですからこのような需要はあります。カバーで中を隠したいので透明ではなく色付きです。黒色もあります。照明需要ですから白色ですが、絶縁部カバーでは黒色がよく出ます。外装部品でもあるので両面保護シート付で加工、納品します。


詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ

白 PC 加工品

材料:白色ポリカ 2t

サイズ:70×58

ポリカの板をカット、保護シートを両面貼り換えしてセットします。

プログラムを組んで、刃物をセットして、ハーフカット用シートを貼って、サイクルスタートボタンを押しますと

このような形状で製品の出来上がりです。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ

PC サンドブラスト加工品   2t 185×270

材料:透明ポリカ

サイズ185×270

仕様:艶消し部サンドブラスト処理両面、2-M4皿穴、3.5-65 切り欠け付      保護シート両面貼り換え

保護シート両面貼り換え後、全行程NC機械加工をしています。サンドブラストと透明部の境で保護シートを剥がし、そこだけサンドブラストがかかるようにしています。

ポリカへのサンドブラストブラストは難しく、「焼けつき」のような症状がでます。(表面は柔らかく、内は固いので均一に処理するのが難しい。また両面処理の為、2面目をかけるとき、どれだけサンドブラストがかかっているか判別しずらい。

シルク印刷のように溶剤を使わないので、食品関係に適します。また、表面を荒らしているのでキズも入りにくい。

NC加工で表面の保護シートを絵画のようにカットすれば、絵画のようなサンドブラストが出来上がります。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ

PC加工品 2t 248×338

材料:透明ポリカ 2t

サイズ:248×338

仕様:両面保護シート貼り換え

ポリカは柔らかく切削面ににカエリ(バリ)が出ますので、表面の全て面取りを施しています。多数の穴部もそうです。外側の1C面取りもダイヤ刃とNC機械加工で筋目の無い美しい仕上がりを実現しています。

裏面の保護シートも、気泡が入らないようにきれいに貼り換えています。気泡が入ると底からの高さ(板厚)が変わってしまうため、面取りが波打ってしまいます。細かなことをキチキチとすることが大切です。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ

拡散板 加工

材料:アロマブライトHT

材料はポリカです。ポリカは加工面にバリが出ます。そのバリをきれいに取り除くことが大切です。バリ取りナイフ、やすり、サンドペーパー等道具と方法は多々あります。弊社では、機械上で行ってしまうことが一番多いです。切削する刃物に細工して、加工が終わればバリが取れている、そんな状態にします。


加工前のカット済材料です。機械の上に乗せます。

バリ取りした製品の写真アップです。きれいにバリ取りがされているのが分かります。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ。

ポリカ加工品 拡散板カバー

材料:白色ポリカ 2t

サイズ:径54

仕様:キズ防止用の保護シート貼り、但し剥がし忘れ防止用に青色保護シート

1シート15個取りで加工します。①1,000×2,000のサイズの材料から無駄なく取れるように、 ②機械のテーブルに乗せるときに効率良く配置出来るサイズに、③出来上がった製品の管理に計算しやすい数量に…と毎回考えます。お客様のとって使いやすいようにすることは第一です。弊社で加工しやすいようにすることも大切です。何故なら、1時間に何個出来るかが単価になるからです。段取り良く生産できること、それはお客様の単価に反映出来るからです。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ。

加工後の処理

加工後、製品は立てて保管します。切粉が製品の上に乗っていて、例え保護シートが付いていても、自重でシートを破り打痕となって製品を傷つけてしまうからです。

理屈はみんな分かっているのですが、中々実践出来ません。ポイントは何か?ズバリ立てるためのケースを用意しているか否かではないかと思います。あったら使います。

細かな積み重ねが不良撲滅作戦の第一歩です。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ。

PC(ポリカ) 1t 白色 NC加工

素材:1t PC(ポリカ) 白

サイズ:37×51

ロット:300個

仕様:2-径3穴、1-径5穴、加工部面取り加工、両面保護シート貼り替え

ポリカの加工品です。NC加工をしています。

工程としては、①1m×2mの板を仕入れ、②適当な大きさにカット。③両面保護シートを張り替え、④NCのテーブルに乗せるサイズにカット。

NC側は⑤刃物をスピンドルにセットし⑥作っておいたプログラムを呼び出します。⑦NCテーブルに治具をセットし⑧同時5軸で加工を始める。⑨エアーブローを行い⑩テーブルからワークを回収します。⑪保護シートはハーフカットになっているので、10個一度に回収。5軸分あるので50個が完成です。⑫検査、⑬掃除、⑭梱包を行い⑮集荷となります。

 

 

ポリカは柔らかく、切粉がバリとして上面に付着するので、面取り刃物で面取りを行っています。⑧の工程ですが、加工用のストレート刃と面取り用の45°の刃物の2本を使っています。

板物の加工が得意です。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ。