リング 目盛彫刻

材料:真鍮

サイズ5inch (径153)

数量:60台

ポイントはリングの厚みが不ぞろいだから表面と刃物の距離を一定にすること。底面基準でリングをセットすると、彫刻の深さが均一にならず、見た目にも太い文字、細い文字となる。(刃物は鉛筆形状だから浅いと細く、深いと太くなる)

もう一つは中心をしっかりと決める。NCだから繰り返し精度はあるけど、中心がズレているとズレたものが大量に出る。

この二つをきっちりすることで、安定したものが作れます。(切れる刃物を研磨することは常識なので割愛します。


詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です