PC(ポリカ) 1t 白色 NC加工

素材:1t PC(ポリカ) 白

サイズ:37×51

ロット:300個

仕様:2-径3穴、1-径5穴、加工部面取り加工、両面保護シート貼り替え

ポリカの加工品です。NC加工をしています。

工程としては、①1m×2mの板を仕入れ、②適当な大きさにカット。③両面保護シートを張り替え、④NCのテーブルに乗せるサイズにカット。

NC側は⑤刃物をスピンドルにセットし⑥作っておいたプログラムを呼び出します。⑦NCテーブルに治具をセットし⑧同時5軸で加工を始める。⑨エアーブローを行い⑩テーブルからワークを回収します。⑪保護シートはハーフカットになっているので、10個一度に回収。5軸分あるので50個が完成です。⑫検査、⑬掃除、⑭梱包を行い⑮集荷となります。

 

 

ポリカは柔らかく、切粉がバリとして上面に付着するので、面取り刃物で面取りを行っています。⑧の工程ですが、加工用のストレート刃と面取り用の45°の刃物の2本を使っています。

板物の加工が得意です。

詳しくは、「マルシン彫刻に出来ること」 をご参照くださいませ。

 

銘板検査治具

材料:白吹き材3t

サイズ:200×50

穴:4-5×10 長孔

白吹き材に裏面より彫刻、黒色入れ、仕上げ加工

白吹き材は4辺、ダイヤプレーナー仕上げ

穴:4-5×10 長孔はNC加工、ダイヤモンド工具にて加工

表面保護シートは客先まで剥がさない

通常、ノコ切断、プレーナー加工、バフ鏡面仕上げという工程ですが、弊社ではプレーナーとバフを一度に出来るダイヤプレーナーを使っています。工程減に加え、バフ研磨によく見られるダレも発生しません。クリアな鏡面が得られます。

長孔加工は焼結ダイヤにて加工しています。穴の中まで、磨いたようなクリアな仕上がりです。ダイヤモンドは摩耗しないので、仕上がり寸法にブレもありません。

彫刻用材料として使用してる白吹きは、キャスト材に焼き付け塗装をしているので、固く、溶剤にも強いです。一般の白色塗装だと、例えば材料の角に塗装面が当たると剥げたりしますが、白吹きはそんなことはなく、いつまでも白いまま、ピンホールも発生しません。

私たちが普通にやっていることですが、これから色々とお話をさせて頂きたいと思います。