刃物の研磨機の紹介です

kenma

通常、切削品を作るときは、ダイヤモンドで出来た刃物を使いますが、特殊な形状の刃を作って切削する時や、文字等を彫刻する刃を作る時は、この研磨機を使って刃を制作します。
作業は全て手動ですが、刃の角度、逃げ、すくい角等を設定できます。
ストッパー、ダイヤルゲージ、マイクロメーター等が付いていて、それを使うことによって、何本でも同じ形状の刃を、量産することが出来ます。

多軸のスピンドルを持つ弊社の機械にセットするには、このような高機能、高精度の研磨機が必要です。


ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

アクリフィルターIRという赤外線透過の材料の説明

IR

アクリフィルターIRは、見た目は普通の黒い板なのですが、特定の赤外線のみを透過させる特殊なアクリル板です。
アクリル板なので、いろんな形にカットできます。
〇、◇、△、♡、何でも出来ます。

リモコンの受信部分に取り付けるのが通常なので、変わった形はありませんが、発想の転換で、いろんな形にカットできます。ハサミで紙を切るイメージです。


ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

見積書を書くということ

お陰様で見積書を多数書かせていただきました。
一件一件、真剣勝負です。
少しでも安く、少しでもいい方法で、作る工夫をします。
見積書の中には、このアイデアが多数組み込まれています。

残念ながら「良いものを安く」にはなりません。
「良いもの」には当然、多くの費用が掛かっています。
しかし、工夫を凝らすことによって、「値ごろ感」を出すことは出来ます。
この作業が楽しくもあり、また、試練でもあります。

見積書は、書くのが仕事ではなく、その先の仕事を取ることが、仕事です。

一件一件、真剣勝負です。
愛情がこもった見積書を、毎日書いています。


ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

会社案内のデザイン

panf

弊社の会社案内のデザイン、鈴木君が作ってくれました。
すっきりしたデザインで、とても気に入っています。
社内的には、ブルーがいいという意見もありましたが、
名刺等、イメージカラーが赤なので、これでいいです。
燃える熱い思いも表現しています。

いいデザインだと思っています。


ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

シルク印刷品、出荷しました!

HIT 出荷 15.07.26

シルク印刷品、出荷しました。

1ヶずつ、透明なP.P.の袋に丁寧に入れて、
50ヶを1梱包ににして出荷しました。

先にお急ぎ分をお持ちさせて頂いたのですが、
仕上がりにとても喜んでいただきました。
こちらが恐縮してしまう程、お喜び頂けました。

梱包もしっかりと、お客様が荷物を開けるまでが仕事です。
ありがとうございました。

ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

シルク印刷品、仕上げました!

silk-print4

シルク印刷品、仕上げました。

端面を丁寧にバフ掛けをします。
バフ掛けした端面を丁寧に乾拭きします。
印刷不良が無いかを保護シート越しに確認します。
保護シートを両面、剥ぎ取り、専用のP.P.の透明袋に入れます。
透明なシールできちんと止めて完成です。
50ヶを1梱包として包んでいきます。
段ボール箱にセットして出荷準備完了です。
天塩をかけて仕上げた製品はかわいいものです。
末永くお使いくださいませ。

この商品は尼崎にある、阪神自動車鉄道航空専門学校様よりご注文頂いた商品です。
今、オープンキャンパスをされています。整備士としての資格が得られますし、就職率は何と100%を誇ります[詳細]。

製品、加工等技術にご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

シルク印刷品、切削しました

silk-print2

silk-print3

昨日のシルク印刷品、切削しました。
8丁付で印刷しているアクリルの板を、1ヶずつ、正確に切り離します。
この時に、上面には、0.5C、面取りをしています。

また、製品の4角は3Rで角を落としています。
その面に沿って0.5Cを正確に面取りしています。

製品の両面には、傷防止の保護シートを張り付けています。
指紋や、手垢も付きません。

今回のロットは500ヶです。
ありがとうございます。
ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

シルク印刷をしました

silk-print

今日はシルク印刷をしました。
分かりやすく言うと、「プリントごっこ」は、この原理です。

版を作り、その中にインキを入れ、スキジ(ヘラのようなもの、ゴム製)でインキを押出し、版を転写します。
写真のような版を作れば、製品が出来上がります。

今回は、8丁付です。1/8の労力で済みます。
但し、位置ズレをさせない、後加工をしやすくする等の、トップシークレットをちりばめています。

ご興味がある方は マルシン彫刻 迄お願い致します。

組立治具

chigu

用途は詳しく書けませんが、組立治具を作りました。
材質はアクリル。
20mmからの削り出し。
100mm×100mm位のサイズです。

上部の2つのピンに穴の開いたゴムシートをセットし、
治具の形状に沿って巻き付けるようになじませ、
下部のピンによって最終的な位置決めを行います。

何に何をしたいのか、例えば、この部品に両面テープを貼りたい、
現物をお持ちいただければ、提案力をもって、お応え致します。

お問い合わせは マルシン彫刻 迄お願い致します。

プラスドライバーのヘッド部分をポリカで作りました

driver cap1

driver cap2

driver cap3

ポリカでプラスドライバーのヘッド部分を作りました。
化粧ビスで傷をつけてはいけないものなので、それよりも柔らかい素材でドライバーヘッドを作ることにしました。

六角に削り出し、土台にセット出来るようにしています。
当然、きっちりと回せますし、ポリカなので割れません。

特殊な用途ですが、いろいろと細かい仕事、やっています。

お問い合わせは マルシン彫刻 迄お願い致します