オイルゲージ

oilgauge

オイルゲージって何だかお分かりでしょうか?
アクリル透明の8tとアクリル白色2tが貼りあわされています。
左右に2つ穴が貫通しています。
孔と孔の間、8tの透明アクリルの部分は、内部にミゾが彫られています。
白色のアクリル部分にはミゾはありません。

今、横になっていますが、通常は立てて使います。
2つの孔にはボルトを通すのですが、そのボルトの中は空洞になっていて、かつ、ミゾの付近には穴が開いていてオイルが流れます。
オイルはタンクの中とつながっていて、ここでその量を図ります。

昔の石油ストーブの石油の量を見る時のマドの役割を果たします。
オイルの量を見て、無くなってきたら足す為の確認用です。
これも接着にて貼り合わせています。
接着でのオイルゲージは珍しいそうですが、外れませんし、オイルも漏りません。
苦労して開発した接着剤を使用しています。
自信作です、はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です