一番稼働時間が長い機械

弊社は、樹脂の機械加工をしているのですが、一番通電時間が長いのは、コンプレッサです。

compresser

これは空気を圧縮する機械です。
自転車屋さんで空気を入れる機械と同じ構造です。
朝早くから、夜遅くまでひたすら空気を圧縮して、タンクに貯めています。

圧縮した空気を放出して、エアーガンで商品を綺麗にしたり、機械の補助動力として活躍したり、無くてはならない、まさに空気みたいな存在の機械です。