ねじ切り加工

6月9日

左のタップを、中央のタッピングマシンにセットして、右の塩ビの板にネジを切りました。

タップとは、ネジの形に溝をつけた工具のことです。タッピングマシンは、通常の孔明けに使うボール盤に逆回転機構を取り付けたもの。使い方は、あらかじめ明けておいた下穴をめがけて上から下にタップをゆっくりと下ろします。貫通したところで逆回転になるようにセットしていますので、下ろしたスピードと同じスピードで引き上げます。同じスピードがポイントです。すると、塩ビの板にはねじ山が出来ていて、ネジ止めをすることが出来ます。

これだけの作業ですが、きれいにねじ山を切るようになるには、練習が必要です。