特急の仕事

悠長なことを言っているのではありませんが、昨今、特急の仕事が多い。

作る側からの論理は、「もっと早く発注してくれれば良いのに」だが、発注側からの論理は「今から少しでも早く作って」である。

逆に、特急だから頂ける仕事というのもある。他で断られたと言って持ってきられる方もいらっしゃいます。

特急のお仕事をすると、かなりの確率で「ありがとう」と言って頂けます。このキャッチボールが癖になり、昨日も特急のお仕事をさせて頂いています。ありがとうございます。